税理士と公認会計士の

お仕事

税理士と公認会計士のお仕事
 
 

税理士

税理士とは

税理士の仕事

失敗しない税理士選び

税理士試験



公認会計士

公認会計士とは

公認会計士の仕事

公認会計士試験

公認会計士になるには



その他

税務用語集

税務カレンダー

 

    税理士とは?

税理士とは??

 

税理士とは、税務に関する専門家として税務上のルールを理解し、 納税者の
信頼にこたえ、税務情報を的確に伝えるとともに、税務についての指導や相談
に応じる職業です。
法律に関しても、税金関係の法律はよく改正されるので、正確で迅速な
税務処理を行う上で税理士の存在は不可欠です。また、経営の相談役でも
あるので、社会的に大きな責任が求められます。
また多くの税理士が働いており、人気のある職種とも言えます。


税理士の法的立場とは

税理士としては、納税者の代理として、その専門性から、ある意味では
当然納税者の側に立って、納税者に有利になるように指導することも、社会的
要請としてあることは、否定できません。もっとも、税理士法には、
「税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において
申告納税制度の理念にそって、納税者の信頼にこたえ、租税に関する法令に
規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とする。」
ということが表記されています。

ただ、ここで問題になるのは、「独立した公正な立場」からその業務を行うことが
要請されている点にあるということです。弁護士とは違い、単に納税者の利益の
擁護を目的とするのみならず、「独立した公正な立場」から、「納税義務の適正な
実現」を図ることに、その社会的使命があるということになります。
このようなことから、税理士は、納税者と税務署の間に入って、相互の権利・義務
の調整を図るということが実際の税務の現場において
日々行われているというわけです。

税理士の現状

現在、税理士は全国で約6万人が登録しています。この人数は、他の士業より
かなり多い数です。それだけ税理士は必要とされています。これからさらに税制
が複雑になり、「税金」が注目されてくると思いますので、さらに需要が増して
きます。
この約6万人の税理士は、それぞれ事務所の所在地の税理士会に所属していて
この税理士会は各国税局の管轄ごとに、北海道から沖縄まで全部で15ありますが
「東京・東京地方・関東信越・近畿税理士会」で全体の62%になります。
男女の比率は、男性94.5%、女性5.6%で断然男性が多いですが、その前の
調査では女性は2.8%だったので、上昇傾向にあります。

 

pickup

金・プラチナ・中国切手の買取【買取専門店大吉 黒崎店】
http://fuku-fuku.co.jp/
福岡で税金の過払いの相談
http://www.taketomi-saimu.jp/
軽井沢の別荘をお探しなら
http://www.ima2000.co.jp/
婚活パーティー 大阪
http://www.royal-party.com/
 

Copyright (C)
2008  税理士と公認会計士のお仕事 All Rights Reserved.